14. 名付けは難しいが、ABとBAはやめてくれ

何故このネーミング?という物は結構多い。
私の中でトップ10にランクインしているものに、ジオン独立戦争時に活躍した、ボール。これほど見た目とネーミングがマッチするのも珍しい。戦闘機の方が遥かに戦力になりそうだが、あえてこういう脱出用ポットみたいなの実践投入するあたり、連邦軍もお茶目だ。

LBも結構我々の目からみると奇異だ。直訳すれば「リーマン兄弟証券(株)」。「佐藤兄弟出版社」みたいなのとだと思うと、笑ってしまう。Familyネームはつけない方が良いという意見は結構多い。本田宗一郎もHondaとしたのは後悔した、みたいな記事をどっかで読んだ気がする(ソニーみたいにすればよかったという話)。

昔メガバンクが合併する度に同僚とネーミングの点数つけた記憶があるが、理解に苦しむのが日本語名称と英語名称を、わざわざAB銀行とBA銀行みたいにするやり方。日本に限らずABみたいにガッチャンコする例はアメリカにもあるが、あえて別言語で逆にするという発想はすごい。「対等の精神」を背負う担当者は苦心の作だろうが、英訳・和訳する際ミスる人も出るから止めてほしい。BTMUとSMBCが合併したらと思うとゾッとする。

昔、ドラクエで、遊び人を友人の名前にしたら怒ってしまい、遊び人も経験を積めば賢者になると宥めた経験がある人は、私意外にもいるはずだ。

しかし、諡号や追号の中にも酷いのもあればカッコいいのもある。曹操の魏武は良い。「魏武の強、これより始まる」という青洲兵ゲットしたときの件は、正しく魏武に相応しいものだ。阿呆の代名詞とされている可哀相な劉禅も、ちゃんとした諡号があるのに、後生に暗愚帝みたいに呼ばれて可哀相だ。せっかく助け出された阿斗を劉備が投げたので、即位後にその後遺症が出たという意見もあるが、定かではない。

今日の一句(引用。出所は推察請う。)
答えの用意されておらぬ経過報告はいらん!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

風街ろまん
2008年01月16日 22:47
日本にも「近江兄弟社」というメンタームの会社がありますね。でも創業者は外国人で、しかも兄弟ではないようですが……
http://www.omibh.co.jp/

この記事へのトラックバック

  • 「iモードが消える日」

    Excerpt: ---------------------------------------------メディアの波頭。「iモードが消える日 検索でネットの大海原へ」------------------------.. Weblog: 売れる営業マンのノウハウ racked: 2007-12-08 03:22